ローカルビジネスでのSDGs

SDGsの目標に取り組めるのは大企業だけと思われがちですが、実はローカルビジネスこそSDGsに積極的に貢献するべきなのです。例えば、地元で採れる旬な果物を調達し、さらに引き上げた価格で販売できるカフェのデザートとして売るとしましょう。地域の旬の果物を使うことは、温室栽培や運送にかかるエネルギー消費量を少なくできまますし、仲介業者を挟まないことで、各店舗の利潤率を更に高めることができます。いかに「食糧生産システムを確保し、レジリエントな(柔軟な)農業を実践。」できるのか。このような持続可能な生産システムを議論していくことは、地元の経済や環境をより向上していくことに必要なことであるため、近年ローカルビジネスでSDGsの普及活動が進められています。