教育がもたらす雇用の未来

商工会は町村の小規模事業者の総合的改善発達を図ります。所得差や地域差で生まれる教育環境格差の問題が今注目されています。例えば、オンライン学習「スタディサプリ」は月1、980円で予備校のオンライン授業を受けることができ、子供たちが平等に教育を受けられます。才能ある子どもは将来の町の指導者に。塾講師のビデオ作成やコンピューターのレンタルをアドバイスすることができるでしょう。

さらにスウェーデンにおける例で、住宅老朽化の問題で、住宅企業が地元住民に対して建築の技術トレーニングをしました。後に失業者の雇用につながり、将来的経済効果をもたらしました。このように商工会は将来を見通す力「教育がもたらす雇用」を持って、経営者にアドバイスすることが求められます。